さはらやの倉庫 短歌と愚痴と雑記

短歌と愚痴と雑記 twitter @0ya5udon

2/16(金) 日記と短歌

 今日は気分がいい日だった。
 カウンセリングに行った。辛い気持ちにあまりならなかった。

 図書館に行った。久しぶりに哲学の棚をうろちょろした。昔、挫折した本を借りた。それと二週間では到底読め切れなさそうな量の六冊の哲学書。

 図書館が好きだ。図書館でどの本を借りようか考えている時間が好きだ。

 図書館で借りてきた本の全てを貸し出し期間内に読みきれたことはほぼない。いつも読みきれない量の本を両手に抱えて、貸し出し機の前へ向かう。

 本を読むことより、図書館で本を借りるという行為が好きなのだと思う。

 図書館でたくさん本を借りたのは約三ヶ月ぶりだ。図書館に行けたのもこの前の日曜日が三ヶ月ぶりだった。

 三ヶ月の間、私は家庭教師と病院の診察とカウンセリング以外あまり外に出なかった。出たとしても、家を出る前に泣きながら支度をして何度も死にたいと思いながら外出したことが五回ほど。内訳は一度恋人に会い、文フリに行き、三度ほど散歩をした。

 その頃に比べると大分気分が良くなった。
 私が大学に行っていないのは、ずっと病気のせいではなくて、私が大学に行きたくないという甘えだと思っていたのだが、ここまであからさまに気分が良くなるとあの気分の沈みはやはり病気と呼ばれる類いのものだったのではないかと疑ったりしている。
 相極性障害の薬は飲んでいるのだが、やっぱり自分が大学に行けていないのは甘えてるだけだと思う。

 まあ何が言いたいかというと、図書館で本を読みきれないほどたくさん借りてくるのはすごく楽しいということだ。積ん読ならぬ借り読(かりとく)。

 カントとヘーゲルを借りてきたけど、弁証法がなんとなく分かるようになればいいかなーとか思ってる。

 けれど、私が哲学書を読む理由の九割は哲学書を読むという行為が格好いいからだ!だって、哲学書を片手にコーヒー飲むとかすごく格好いいじゃないか!

 湯船で一時間ほど石川啄木の歌集を読んで、石川啄木、サイコー!となった。これはまた別の記事で書こうと思う。書けたら。

最後に適当に短歌を

三ヶ月ぶりの図書館
暗くなる外を見ながら
七冊を借りる

三行に分かちて書けば
啄木になると
思っているのは間違い