さはらやの倉庫 詩と短歌と短編と

詩と短歌の倉庫 twitter @0ya5udon

詩 許す

許す



今日の朝
私は許されたように
自分を許していた

怖くてもいい
苦しくてもいい
嫌だと思ってもいい
学校へ行きたくなくてもいい
美しいと感じてもいい
死にたいと思ってもいい
生きようと思ってもいい

朝食でハムを4枚食べれた
教科書を鞄に詰め込めた
着替えができた
靴がはけた
車に乗れた

怖くなかった
苦しくなかった
嫌ではなかった
学校へ行きたかった
美しく感じた
死にたくなかった
喜びで涙が溢れた

それから

学校の駐車場で
鞄に手をつけれなかった
車を降りられなかった

太陽が暖かかった

シートベルトを再びできなかった
アクセルが踏めなかった

人の目は気にならなかった
学校に行かなくてもいいよって許した
しばらくぼんやりしてた

家に帰ることにした
帰りながら色々考えた
私は悪い人間なのか
私は良い人間なのか
世界には悪い人間と良い人間が
いるのか
いないのか

家に帰った
横になった
何もできなかった

好きな音楽は15秒で聞くのをやめてしまった
好きな絵を見るのもやめてしまった
Twitterはすぐに閉じた

まだ返せてないラインやメールが山ほどある
提出期限の過ぎたレポートが山ほどある
テスト勉強の範囲が山ほどある

なにもなにもできなかった

寝ることしかできなかった

でもね、
私が私に「できなかった」を許したのはすごいこと
今まで
私は私に「やろうとしないだけ」を使って私を許しはしなかった

先生は、恋人は、友人は、家族は
私のことを「病気」って言うけれど
私はそれを信じなかったし
信じることを許さなかった

薬はちゃんと毎日飲んでた

でもね
今日は私が病気でもいいかなって思えた
病気を理由にすることを許せた

今までは
表面上の理由ではたくさん病気を理由にして
学校を休んだり
バイトを休んだり
遊ぶことをやめたり
会話をやめたり
して
ずっと横に横になっていた

けれど
病気を理由にすることを
卑怯だと思った
そうする自分を憎んだ
罰せられるべきだと思った

今日は
そんな自分でもいいかなと思った
許せても許せてなくても全て許そうと思った

青空が憎くなかった

明日も
私は私を許せているかもしれないし
許せていないかもしれないので

ここにひとつの
詩を残す


2017年12月4日月曜日の私から

21年11ヵ月生きてきた昨日までの私と
たぶんこれからもなんとか生きていてくれると信じる明日からの私へ

そして、この詩を読んでくれている人へ

大学 不登校
死にたい
行きたくない
勉強したくない
双極性Ⅱ型障害
うつ

などで検索にひっかかって
この記事を見つけてくれた人へ