さはらやのブログ 詩と短歌 時々自分のこと

詩と短歌とその他もろもろのブログ twitter @0ya5udon

短歌練習帳3 村松正直

短歌練習帳3 村松正直

ロックな歌人だ。東大卒でフリーターだったらしい。
私の中でロックな人は
石川啄木忌野清志郎ブルーハーツである。
最後の4首がtwitterでは好評だった。渋いロックが私に合っているのかもしれない。

留年をしたらとたんにうるおった僕のものではない涙にて

正しさを正しいと言う愚かさと勇気をたたえ新聞を買う

目に見えぬものが愛だと言うならばあの泣いている子供はなんだ

夕焼けが僕を照らしてそれでもさ僕の人生まで照らせない

悲しみを新聞紙に染み込ませたらよく燃える気がする冬の日だ

鏡には私の顔しかうつらずに綺麗なこともなにもかもない

読みかけの本を鞄に入れたなら一番近い坂道を行く

寒い日のマフラーのごとあたためる僕は僕しかいない事実を

夕焼けが死にたいほどに美しく死因:夕焼け なかなかによい

何もない部屋のすみにはハンガーのカーブは少し急すぎないか

もがいたらもがいたぶんだけ足跡が芸術品に近くなるのだ

イヤホンが千切れるほどに踊ったら明日のために寝ようじゃないか

あなたにとってのロックはなんですか?

桜前線開架宣言

桜前線開架宣言

午前3時を過ぎて (塔21世紀叢書)

午前3時を過ぎて (塔21世紀叢書)

樺太を訪れた歌人たち

樺太を訪れた歌人たち

やさしい鮫―松村正直歌集 (塔21世紀叢書 (第86篇))

やさしい鮫―松村正直歌集 (塔21世紀叢書 (第86篇))

駅へ―松村正直歌集 (塔21世紀叢書 (第5編))

駅へ―松村正直歌集 (塔21世紀叢書 (第5編))

高安国世の手紙 (塔21世紀叢書)

高安国世の手紙 (塔21世紀叢書)

短歌は記憶する (塔21世紀叢書)

短歌は記憶する (塔21世紀叢書)