読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さはらやのブログ 詩と短歌 時々自分のこと

詩と短歌とその他もろもろのブログ twitter @0ya5udon

短歌練習帳4 高木佳子

短歌練習帳4 高木佳子

少年や少女、幻想的作風を旧仮名遣いで表現するのは、旧仮名遣い初心者の私には難しかった。
私の想像の中の少女は10歳くらいでいつも白いワンピースを着ている。

朝起きてましろのワンピースを着てはくるくるまわる少女の笑い

あまりにも無邪気に蟻を潰すから少女の笑みにつられて笑う

鳥の名を知らずとも君は飛べるから今、風の音を探し当ててる

真っ暗な空に光を見いだして飛ぶ 鳥よりも人ははばたく

日に焼けた肘の裏側やわらかく少女の秘めたうちに通ずる

少女らの未完成な曲線をセーラー服がふわりとつつむ

噴水と戯れている蝶たちと戯れている子らの背に羽根

風船を高く飛ばしてもう二度と戻れないところで待っていて

堅い実もいつか熟れると知らぬ日の少女の眼差しはただ熱い

唇は葡萄のようにみずみずしそれに触れるものはいまだない

泣きながら体操座りの少年の甘い果物に似た匂い

駆けながら裸足になって雨の中しぶきが羽根に見える少女ら

あなたの心の中の少女は笑っていますか?

桜前線開架宣言

桜前線開架宣言

青雨記―歌集

青雨記―歌集

片翅の蝶―歌集

片翅の蝶―歌集