さはらやのブログ 詩と短歌 時々自分のこと

詩と短歌とその他もろもろのブログ twitter @0ya5udon

短歌 連作ではないもの

期待から諦めになる瞬間のため息の色みたいな机

手のひらで踊るあなたをいつまでも見ていたいけど食事の時間

悲しみを悲しみであると認めたら存外素直になついてくれた

手を繋ぐ先にあるものだけを見て愛だというなら 手を離そうか

つまらない話をしてる気がしても猫が膝からまだ動かない

話したくないときがあり夕暮れはそのときのためとっておくのだ

金持ちになってもしょせん金持ちでしあわせ持ちにはかないまへんわ

大切なことを忘れてさまよった人が列車にひかれて死んだ

しょんべんをひっかけたから怒られたみたいな街を探してあるく

片付けた紙ナプキンに書かれてた最後の言葉 うんこ漏らした

手をとって踊るあなたのつま先を踏んで家庭に戻すのも妻