読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さはらやのブログ 詩と短歌 時々自分のこと

詩と短歌とその他もろもろのブログ twitter @0ya5udon

短歌 「100円均一で並んでいる何か」

100円均一で並んでいる何か

もし僕に青い絵の具を落としたらチープなマーブル模様になるよ

もし僕がチープなマーブル模様なら100均にある「使えないもの」

本当の白をしている100均のプラスチックボールの一部

本当の白を汚してしまいたく108円で買う「白いもの」

100年後生きているかもしてれないと思う真っ赤な造花モチーフ

100日後捨ててしまうと思うよな生き生きとした真っ赤な造花

100均で売ってるものをバカにした僕が翌日100均になる

100均の僕は文具とラッピング用品の隅に陳列された

100均の空気はとても乾いてて売られているもの全てが乾く

乾いてく僕も心もプライドもでも最初からだったかもしれない

100均の僕をちらっと見て客は黒のリボンを買って去ったよ

100均の僕をじーっと見て客は割りばし10本手に取ってった

100均の僕を触って店員にこれ色違いありますか?と客

100均の僕は売れずに100均の静かな夜にくしゃみが響く

100均の僕を笑った君がいてこれ買いますと宣言をした

100均の僕はもう100均でなくあなたの僕になるということ

100均の僕よさらばとレジ打ちのおばちゃん下手なウインクをした

今僕は君のものだよ最愛の君に口付けしたい気分だ