さはらやの倉庫 詩と短歌と短編と

詩と短歌の倉庫 twitter @0ya5udon

短歌 「嫉妬」

嫉妬

チロチロと嫉妬の炎気づかないふりを続けて私を焦がす

あの子だけちやほやされてその隣笑顔張り付け静かに座る

絶対に私の方が出来が良いはずなのに評価されない思い

選ばれぬことが怖くて最初から表舞台に立たない私

一枚のティッシュのように薄いプライドだけを持ち続け死ぬの?

苦しくて手のひらにつきたてる爪白く白く残る三日月

やわらかい体がよかったすごいねと褒められるためそれだけのため