さはらやのブログ 詩と短歌 時々自分のこと

詩と短歌とその他もろもろのブログ twitter @0ya5udon

短歌 ひきこもり

ひきこもり

飲み込んだ悲しみとかは予想外甘酸っぱくてもっと食べたい

怖いから窓辺の席で外を見る回数だけを減らしていった

ひきこもりこもりこもりと動くからかわいさだけは捨てずに残る

泣いている子供のような心して明日の天気も考えはする

干からびた体を食べる習慣をやめたい 海のそばで死にたい

止められずくぐった立ち入り禁止には何もなくって何もなくって

痛すぎて痛いと分からず春ですねとしか言えなかった人形のこと

怖くって明朝体を見れなくて明日の天気は雨か晴れです

逆さづりてるてるぼうずが生き延びた世界に絶望とかありますか

死にたいと思ったとたんに死にたいが腐りはじめてやはり死にたい

朝焼けの中を飛んでく渡り鳥希望も知らずに明日へと行く

日の光だけでは生きていけないと光合成を始める私

つねられた頬が痛くて現実を見るしかないと鹿がささやく

扇風機だけを頼りに行き着いた北極星は青紫色