さはらやのブログ 詩と短歌 時々自分のこと

詩と短歌とその他もろもろのブログ twitter @0ya5udon

短歌 「医者になる決心をした女の子」

医者になる決心をした女の子

命ってただあるものだと思います人の手により変えるものでなく

医学部に入ってしまった後戻りできない悔しさ私の秘密

責任の重さは星より重いはず人の命を預かる重さ

役に立つことだけ覚え役に立つ人にきちんとなれるでしょうか

こんなにも後悔するならあの時の私を一発殴ってやりたい

あの人と約束したからそれだけが心の支え存在の意義

適当に生きて適当に死ぬことは許されませんか医者の場合は

まわり皆良くできた人ばかりです私の醜さばかり目立ちます

生きるって何なのでしょうか死ぬことに向かうだけではなさそうですが

嘘をつく人を欺く大罪人ここにおります名前は私

図書館の机の上のノートから私の命が削れる音する

罪のない人を殺してしまうことだってあるでしょ医療ミスとか

こんなにも嘘をつくのは初めてで心が泣いてるずっと泣いてる

じいちゃんの命日ずっと泣いていたじいちゃんが笑っていますように

前を向くただ前を向く前を向く私にできるは、これしかないと

先輩の笑い声には助けられ時に落とされ人生波乱

こんなにも何もできない私には医者はほんとに、務まりますか

医者になるための勉強こんなにも、心が拒否する私は戸惑う

勉強は好きなはずだがこんなにもノートに向かうが嫌な毎日

本当は医者になんかになりたくない笑って明るく生きていきたい

剣道を続けたいと思うから今でもまだ医学部にいる 

この仲間この友達に会えたことそれが私の一番の宝

先へいく勇気は私にないけれど君とだったら行ける気もする

こんなにも弱い私に寄り添って好きと呟くあなたが好きです 

私のね夢はずっと同じことあなたと生きて死んでいきたい

お豆腐をぐちゃぐちゃにした心持ち立て直そうかそうしようか

生きているただそれだけが素晴らしい私はそれに寄り添っていたい

生きている人に関わり寄り添っていけるとするなら医者も悪かない

友がいう医者の責任という言葉胸に刺さったままで取れない

今はまだ前向きではないしかし、今この時を生きる覚悟ならある

脆弱な私はいつも倒れてて倒れた人の気持ちなら分かる

強い人ならなきゃ駄目かな私では医者はむいてませんかそうか

今まさに歴史が作られているように私というもの作られていく

医者になる覚悟の重さを考えて一人のクッションつねる毎日

焦るのは気持ちが先で鉛筆は動く気配がいっこうにない

むき出しの心は熱く触れない触りたくないもう、帰りたい

混沌のなかに入るとオルゴールたくさんならしている部屋のよう