さはらやのブログ 詩と短歌 時々自分のこと

詩と短歌とその他もろもろのブログ twitter @0ya5udon

詩 「悲しみ」

悲しみ

悲しみが悲しみであり続けるためには
何が必要だろうか
涙さえ渇れはてたとき
悲しみはどうなるのか

悲しみの干物でも作るつもりか

悲しみはすぐに消される
悲しみではなく憎悪へ
悲しみから喜びへ
簡単に変わってしまう

けれどもときどき変わってしまったそれらから、悲しみがフッと沸き上がり、復活するのだ!

なんというつかみどころのないものだろうか

悲しみを悲しみでいさせるために
私は爪で心をちぎった